ペット保険に加入をするともしもの時に安心な生活が出来る

女の人と犬

ペットが亡くなった時

骨袋

ペットにも寿命があり、いつかは旅立ってしまいます。悲しいですが、その時が来たらしっかりとお別れをしましょう。ペットが自宅で息を引き取った時はまず、遺体を静かな場所に安置しておきましょう。できれば風通しが良くて日が当たらない場所がベストです。ペットの死後、遺体の硬直が始まるのでそれまでに遺体を綺麗にしておきましょう。

遺体に汚れがあるなら、タオルでふき取ってあげましょう。汚れ落ちが悪い場合には、シャンプーを薄めた液を作ってふき取ってあげましょう。顔まわりも拭いてあげると綺麗な体になっていきます。全身を綺麗にした後は、ペット火葬に連絡して待ちましょう。待っている間は遺体が腐敗しない様に、涼しい場所に安置しましょう。夏場であれば保冷材を遺体の周りに入れておきましょう。

ペット火葬の業者が来るまでに、火葬の準備を行ないましょう。ペットが生前使っていた愛用品があれば、それを一緒に火葬してあげましょう。布団やクッションなど大きな物はペット火葬業者に確認してから一緒に火葬しましょう。その他には、いつも食べていた餌やお花、おもちゃを用意して一緒にペット火葬してあげましょう。金属製の物は火葬できないことが多いので一緒に火葬するのは避けましょう。


一連の準備が整ったら後は、静かに業者が到着するのを待ちましょう。最後のお別れになるので、写真を撮影しておくのも良いでしょう。業者の到着後は指示に従ってペット火葬を行ないましょう。